誰もがなりうる
骨強度の低下

普通に暮らしていたとしても、誰もが加齢と共に、骨の強度が低下し、骨折しやすくなるリスクを抱えます。骨が弱く(もろく)なって、つまずいて手や肘をついたり、くしゃみなどのわずかな衝撃ですら骨折することもあります。暮らしの中での骨折から、寝たきりや要介護になるケースもあり、加齢に伴う骨の強度の低下や、骨折リスクをケアすることは健康寿命を伸ばすために重要になります。骨の健康には骨密度とともに骨質が重要なカギになります。つまり、(骨強度 = 骨密度 + 骨質)が骨の真の健康状態を知るうえで重要です。骨強度とは耳慣れない言葉ですが、骨の健康度を知るうえでは骨密度よりも骨強度の方がより適切な指標だといえます。

骨がもろくなるメカニズム

骨強度低下のメカニズムを簡単に言えば、骨を壊す(骨吸収)細胞の「破骨(はこつ)細胞」と骨を作る(骨形成)細胞の「骨芽(こつが)細胞」のバランスが崩れるからです。破骨細胞の活動が活発になると、骨強度が低下します。本来であれば骨芽細胞が骨を作りますが、この骨芽細胞の活動が低下すると、骨を壊す速度に作る速度が追い付かずに、骨の強度が低下した「スカスカ」の骨になってしまいます。

破骨細胞と骨芽細胞のバランスが取れていると骨が元気
破骨細胞と骨芽細胞のバランスが崩れると骨強度低下に

骨強度と
サプリメント

一番大切なのは
科学的根拠です!

市販のサプリメント類の中には、残念ながら表記されている体調異常や機能異変に真に有効でない製品も多々あります。また、有効である成分が含有されていても、その成分が体内へ吸収されなかったり、消化過程でその有効性が失われてしまったり、その成分単体のみでは効果を発揮しないといったことも多く見受けられます。サプリメントを選ぶ際には、耳あたりの良い不確かな情報に惑わされず、科学的根拠がしっかりとしているものを選ぶことが不可欠です。特に骨密度低下による骨折が気になる方や、そのリスクケアにつとめようという方のように、骨の健康維持に強い関心を持つ人々は、1年、2年と時間をかけてゆっくりと骨を育てる気持ちを持たなくてはなりません。医薬品投与の場合と違って、簡単にすぐに結果がでるようなサプリメントはないのです。だからこそ科学的根拠がしっかりしたものを選び、1年後、2年後に着実に成果を手にできるものをお選びください。

骨強度の補助サプリメントには
カルシウムサプリメントだけでは無意味?

骨密度低下に悩んでいる方や、リスクケアをお考えの方が一番に補助サプリメントとして頭に浮かぶのがカルシウムサプリメントだと思います。「骨を作るにはカルシウム」ということは日本人なら小さい頃から誰でも教えられてきたことなので、仕方のないことですが、残念ながらカルシウムサプリメントを摂取するだけでは、骨密度低下にはまったくといっていいほど、改善効果は期待できません。

前述の通り、骨強度低下のメカニズムは破骨細胞の活動が骨芽細胞の活動を上回ってしまい、「作る方よりも壊す方が速くなる」ため起こります。この一番の原因としては、ホルモンバランスがくずれることが挙げられます。高齢の女性に多く見受けられるのも、男性に比べ骨量が元々少ないことに加えて、閉経後に女性ホルモンが急に減少するなどのホルモンバランスの乱れが大きな要因となっています。そのほかにも老化、栄養不足、遺伝、生活習慣など、さまざまな要因が複合的に絡み合っていますが、骨強度低下のメカニズムは共通の場合が多いのでここで大事になるのが、どこに効くサプリメントを選ぶかです。

カルシウムサプリメント、
コラーゲンサプリメントの
落とし穴

皆さんが骨に良いと思っているカルシウムは、骨をつくる材料の一つでしかありません。カルシウム = 骨ではないのです。またカルシウムそのものをたくさん摂取しても、骨芽細胞では利用されずに骨の強化にはならないことが多いのです。それどころかカルシウムの過剰摂取は血管石灰化や動脈硬化、血栓などの心臓血管系の疾患を誘引する可能性が指摘されているので、要注意です。

最近ではたくさんの健康番組などで取り上げられ、折れにくい柔軟な骨を作るためにはコラーゲンが必須という情報はみなさんもご存知かと思います。ただしコラーゲンを摂取すれば良いというのは間違いです。コラーゲンはタンパク質なので、体内へ吸収される前に胃腸で消化されてアミノ酸に分解されます。つまりコラーゲンをサプリメントなどで補給しても、原料になるアミノ酸を補充するにしかなりません。コラーゲンは摂取するものではなく体内で作るものなのです。

骨の科学・骨強度低下には
破骨細胞を抑制し
骨芽細胞を元気にする
サプリメントを!

ビルディングでいえば、カルシウムはセメント、コラーゲンは鉄骨です。セメントだけでは丈夫なビルディングをつくるのに必要なコンクリートはできません。骨の場合このコンクリートに相当するのは、「ハイドロキシアパタイト」と呼ばれる固い物質(リン酸カルシウム)です。このハイドロキシアパタイトは骨密度に強く反映されますが、骨質はコラーゲンの状態によって変わります。破骨細胞は建物を壊す解体屋、骨芽細胞は建物をつくりつづける大工さんのような存在だといえます。では骨強度が低下している方や、骨折リスクケアを考えている方が、選ぶべきサプリメントとはなんでしょうか?

骨強度低下は破骨細胞が活発で骨芽細胞の活動が弱くなっているアンバランスな状態で起こります。この時にカルシウム(セメント)をいくら摂取しても、ハイドロキシアパタイト(コンクリート)とコラーゲン(鉄筋)をつくってくれる大工さんが弱っていたらまったく意味がありません。またコラーゲンを摂取しても意味がないことは前に述べた通りです。

要するに骨の健康維持に本当に必要とされるサプリメントには、カルシウム摂取でも、コラーゲン摂取でもなく、破骨細胞の活動を抑え、同時に骨芽細胞を元気にする成分が必須だといえます。骨芽細胞は元気になると、骨そのものであるハイドロキシアパタイトとともに、コラーゲンも活発につくるようになります。


骨健活 製品情報

骨を科学し、骨強度低下・骨折リスク軽減に
本当に必要なサプリメントをつくりました!

破骨細胞の活動を抑え、骨芽細胞を活性買いする 夢の骨強化サプリメント 骨健活サプリメント 爽快生活 骨健活 骨密度に関する補助サプリをお探しの方 骨密度低下にお悩みの家族がいる方 カルシウムサプリで結果が出ない方 骨のリスクを早めにケアしたい方 健康寿命を長く保ちたい方 ①骨を守る 「破骨細胞」を抑え骨を守る βクリプトキサンチン ベータクリプトキサンチンとは聞きなれない言葉ですが、柿や温州みかんに含まれる色素の一つです。柿や温州みかんの橙色は、この色素が反映されています。金沢大学・米田名誉教授チームの研究によりベータクリプトキサンチンには、骨を壊す細胞「破骨細胞」の活動を抑制する効果が発見されました。このベータクリプトキサンチンを効果的に摂取することにより、健康な骨の維持に役立つことができるのです。柿由来の成分になります。 柿 ②骨をつくる 「骨芽細胞」を活発化させ骨をつくる ピルビン酸 特許取得 ピルビン酸とは、にんにくや梅干しに含まれている成分です。金沢大学・米田名誉教授の研究チームが研究を重ねた結果、ピルビン酸には骨密度を向上させる効果があること証明されました。このピルビン酸を効果的に摂取することにより、骨密度低下などの「骨が脆くなる」症状に有効に作用することができるのです。この予防効果については既に特許化されています(特許第4923236号)。ピルビン酸はニンニク由来の成分になります。 にんにく ③骨を保つ コラーゲン合成・カルシウム吸収を促進 ビタミンC コラーゲンは、食べて摂取しても体内へ入る前にアミノ酸になってしまうので、体の中で構成する必要があります。コラーゲンはバネのような構造を作り、骨に柔軟性を与え、骨折しにくくなります。ビタミンCはこのコラーゲンの合成を促す効果があります。また破骨細胞と骨芽細胞のバランス調整、カルシウムの吸収促進も見込め、骨強度の維持には欠かせない成分です。 コラーゲン
ココが違う! 科学的根拠 金沢大学名誉教授(一社)予防薬理学研究所理事長 医学博士 米田幸雄 教授監修
医学博士 米田幸雄

ベータクリプトキサンチン研究

ベータクリプトキサンチンの効果を実証するため、実験用マウスで試験を行いました。実験方法は、マウスに人工的に骨粗しょう症を発症させ、ベータクリプトキサンチンを投与し、その経過を観察しました。その結果、ベータクリプトキサンチンを毎日飲料水として摂取すると、実験的骨粗しょう症による骨量の低下と破骨細胞数の増加がどちらも抑制されました。一方、骨芽細胞数にはベータクリプトキサンチンは影響を与えませんでした。

米田博士のベータクリプトキサンチンに関する研究論文

ピルビン酸で骨強化 特許取得済

にんにくに含まれるピルビン酸が、骨密度を向上させることが立証されています。マウスに人工的に骨粗しょう症を発症させると、骨中のピルビン酸濃度が急激に減少します。このマウスに毎日ピルビン酸を投与すると、骨中のピルビン酸濃度が回復すると同時に骨密度の低下が改善されました。さらに、骨芽細胞はピルビン酸がないと成長できないことが分かりました。米田博士が中心となり、実験を重ねてピルビン酸の骨粗しょう症予防効果に関する特許を取得しました。(特許番号特許第4923236号)

米田博士のピルビン酸に関する研究論文 米田博士のピルビン酸に関する研究論文

米田博士の骨健活に対する想い

根拠あるサプリメントを選択してください。

サプリメントの多くは、期待される効果の科学的根拠が曖昧なものが多くあります。骨のためのサプリメントの多くもそれに当てはまります。例えば骨を構成するタンパク質を口から摂取しても、胃や腸での消化過程でアミノ酸に分解されてから体内に分布します。骨を作るためのタンパク質の元となるアミノ酸を補給することはできますが、それが骨に使われるかどうかは不確かです。破骨細胞と骨芽細胞のバランスが崩れる骨強度低下予備軍の方には尚更です。研究者なら誰もが認識していることですが、一般の消費者の方には広く知られていないのが現状です。

それは開発者側からの情報提供に問題があるからだと考えています。カルシウムは骨を丈夫にする。コラーゲンで骨がしなやかになる。言葉だけみれば確かにそうなのですが、そんな情報だけが一人歩きしてしまった結果、骨がつくられるメカニズムが片隅に追いやられ、骨の成分を摂取すればいいという錯覚に消費者の方を陥らせてしまっています。骨密度を高めるには、骨の成分を補給するのではなく、作る細胞を強くするか、壊す細胞を弱くすることが求められるので、それなりの歳月がかかります。また検査をしない限り本人は骨の状態を自覚できないのです。効果が出ているのかどうかもわからずに、何かしらのサプリメントを飲み続ける方が多いかもしれません。皆さんにはサプリメントを選択する際に少しでも疑いの目を持っていただきたいと思っています。「根拠はなんなの?」「メカニズムは?」。消費者の方々の「なんで?」という視線こそ、科学的根拠のないサプリメントをなくすための最良の薬です。そんな現状だからこそ、骨がつくられるメカニズムに正面からアプローチする「骨健活」は骨強化サプリメントの分野に一石を投じるものになります。私たちは骨がつくられるメカニズムを長い歳月をかけて徹底的に研究し、真に「骨のためになる」ということはどういうことかを追求してきました。その集大成といえるサプリメントが骨健活です。多くの方を苦しめる骨密度低下による骨折。その予防の一助となるために、培った長年の研究成果と想いをこのサプリメントに詰め込みました。骨の健康に関心の高い方々に是非試していただきたいサプリメントです。

健康的な人生を送るために

歳を重ねても健康的に、活動的に、元気に暮らしていけること。人生にとってそれは何より幸福なことです。骨を丈夫に保つことは、そのための大事な要因のひとつです。寝たきりになってしまうような骨折リスクを減らすだけでも、健康寿命は伸びるでしょう。そんな理想的な豊かな人生を送るためにも若いうちから骨強度低下のリスクを少しでも減らしていくことが大事です。骨健活はその一助となるために研究開発しました。ただし、骨だけでなく、サプリメントのほとんどはそれだけ摂取していれば大丈夫などといったものはひとつもありません。サプリメントはあくまで補助。健康は日常生活(食事・睡眠・運動など)の中で育まれるということはくれぐれも忘れないようにしてください。

収益は若い世代の研究者を
育むために

予防薬理学研究所(http://yoboyakuri.qwc.jp/)は、予防薬理学の推進と振興を通じて人々の健康の向上及び学術文化の発展に寄与することを目的に2018年11月に設立された一般社団法人です。疾患が発症してから治療に取り掛かることも非常に重要ですが、不快な症状の発症は事前に予防する方が我々には有り難いのです。さらに、この法人では若い世代の研究者が自由な発想で研究ができるように、わずかですが彼らへの研究費助成を実施するとともに、学生や大学院生達への奨学金支援を行っています。「骨健活」で得られる収益の一部はこのような研究助成や奨学支援に充てる予定です。

以前は国からの研究費補助は「広く薄く」が原則でした。研究者はそんな中、少ない予算をやりくりしながらも、自分独自の研究テーマに取り組んだものです。ただその反面、研究費が保証されているために研究活動に怠惰な研究者の続出や、競争原理が正常に働かずに費用対効果の悪い研究成果が排出された事実も見過ごせません。現在は国の方針も変わり「選択と集中」が原則となっています。発展性と実用性が期待されると判断された研究テーマには巨額の予算が充当されるようになりました。この原則には長所と短所があると考えます。たとえばひとつの研究に100億円の巨大予算が充てられているとします。そんな予算があればきっと優れた研究成果があがるかもしれません。しかしながら100億円の予算があれば、1万人の若い研究者に100万円ずつの研究費を配当することも可能なのです。その1万人分の研究の中からひとつでもノーベル賞クラスの研究成果が生まれれば、そこには大きな意味があるのではないでしょうか。わたしはそう考えています。

米田博士

実用性や実現性の高い研究テーマに大きな予算が充てられるということは、研究の出口が予め決められているということを意味します。「この研究ではこんな成果が望めるから」そういった理由で予算が決まるのであれば、裏を返せば出口が決まっていなければ十分な研究費が配当されないということになります。

偉大な功績を残してきた多くの日本の研究者たちは、決められた出口に向かって研究する人達ではありませんでした。出口が分からないが興味あるそれぞれのテーマを研究していたら、新たな可能性が突然目の前にあらわれ、革新的な発見をする。それが以前の日本の研究者の在り方だった筈です。だからこそ、日本の研究はここまで発展してきた。わたしは個人的に、その姿こそ本来、研究者のあるべき姿だと考えています。画期的な治療薬は、案外他の研究分野で発見されるものです。そうして研究、発見、実証を繰り返しながら、私たちは皆さんに求められるものをカタチにしていくのです。

現状の方針では、実用性が期待できない内容として、テーマによっては若い研究者に国からの研究費が充てられないことも多くあります。そんな若い世代の研究者を育むことこそ、未来の日本のために求められている課題だと考えています。さらに、将来研究者を目指す学生や大学院生たちが、安心して研究活動を継続できる環境を整えることも非常に重要な課題です。そこにわずかでも支援と援助をするために骨健活の収益を充てることはもちろん、予防薬理学研究所として今後も活動をしていきたいと思っています。


骨健活

1袋30日分(120錠)

  • 柿由来 βクリプトキサンチン
  • にんにく由来 ピルビン酸 特許
    取得
  • ビタミンC含有
身体の中から骨を守ろう!コロナ禍特別値引きキャンペーン 長いコロナ禍の中、思うように活動することが出来ず不自由な日々を過ごしていることと思います。「外に出て運動が出来ないな…」「部屋に引きこもってばかりで運動不足だな…」と思っている方も多いのではないでしょうか?実は、運動不足は骨を弱くする原因となることをご存知でしょうか?適度な運動をすることで骨に一定以上の負荷をかけないと、骨形成におけるカルシウムの利用効率が悪くなるためです。とはいえ中々運動ができない・続かない・身体に負荷をかけられない方がいらっしゃるのも現状。そんな方の骨を身体の中から守るため、お手に取りやすい価格で「骨健活」定期購入をご提供致します! キャンペーン詳細 キャンペーン詳細
定期便お届けコース コロナ禍特別値引きキャンペーン ご購入はこちら キャンペーン注意事項
身体の中から骨を守ろう!コロナ禍特別値引きキャンペーン 長いコロナ禍の中、思うように活動することが出来ず不自由な日々を過ごしていることと思います。「外に出て運動が出来ないな…」「部屋に引きこもってばかりで運動不足だな…」と思っている方も多いのではないでしょうか?実は、運動不足は骨を弱くする原因となることをご存知でしょうか?適度な運動をすることで骨に一定以上の負荷をかけないと、骨形成におけるカルシウムの利用効率が悪くなるためです。とはいえ中々運動ができない・続かない・身体に負荷をかけられない方がいらっしゃるのも現状。そんな方の骨を身体の中から守るため、お手に取りやすい価格で「骨健活」定期購入をご提供致します! キャンペーン詳細 キャンペーン詳細 キャンペーン詳細
定期便お届けコース コロナ禍特別値引きキャンペーン ご購入はこちら キャンペーン注意事項
単品購入の詳細 単品でのご購入はこちらから 単品購入の詳細 単品でのご購入はこちらから
名称
柿皮・にんにくパウダー含有加工食品
原材料名
柿皮パウダー(長野県産)、にんにくパウダー(愛知県産)、還元麦芽糖水飴/結晶セルロース、HPC、ビタミンC、酵母細胞壁(大豆由来)、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、グリセリン
内容量
44.52g(371mg×120粒)
保存方法
直射日光・高温多湿を避けて保存してください。
販売者
株式会社爽快生活 
〒440-0836 
愛知県豊橋市飯村町字浜道上27番地3
当社ウェブサイトアドレス:https://sokaiseikatsu.co.jp/

【お召し上がり方】

  • 1日4粒を目安に、水又はぬるま湯などと一緒にお召し上がりください。
  • 本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。

【栄養成分表示 4粒(1.484g)当たり】

エネルギー
5.55kcal
脂質
0.03g
食塩相当量
0.0003g
タンパク質
0.12g
炭水化物
1.21g
ビタミンC
30mg

【摂取上のご注意】

  1. 開封後はチャックをしっかり閉め、直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
  2. 乳幼児の手の届かない所に置いてください。
  3. 体調・体質により、まれに合わない場合がありますので、その場合はご使用をお控えください。
  4. 疾病治療中の方、及び妊娠・授乳中の方は、医師にご相談の上ご利用ください。
  5. 水濡れや汚れのつかない衛生的な環境でお取り扱いください。
  6. 食物アレルギーのある方は、原材料名をご確認の上ご使用をお決めください。
  7. ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
  8. 本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
  9. 1日当たりの摂取目安量に含まれる機能表示を行う栄養成分の量が栄養素等表示基準値
    (18歳以上、基準熱量2,200kcal)に占める割合:ビタミンC 30%

骨健活 ご購入はこちらから

よくあるご質問

+
A製品の賞味期限は、未開封の場合です。違う容器に移した場合は、なるべく早く服用ください。直射日光を避け、高温多湿にならない場所に保管してください。
+
A「骨健活」にはβクリプトキサンチン・ピルビン酸・ビタミンCが含まれております。加齢によるもろさが気になる方や、いきいきとした毎日をおくりたい方の生活を支えます。
+
Aいつでも構いません。また、朝・夕等複数回に分けての服用も可能です。
+
Aかかりつけのお医者様にご相談のうえ、召し上がってください。
+
A食品ですので、複数のサプリメントをお摂りいただいても問題ございません。ただし、商品によっては成分が重複する可能性がございます。配合成分をご確認の上、目的に合わせてどちらか一方を選んだり、目安量を調節してお召し上がりください。
+
A妊娠中・授乳中の方は、医師にご相談ください。お子様は、服用できません。
+
Aこの製品には、消費者庁の定めたアレルゲン物質のうち「大豆」が含まれております。大豆アレルギーがある方はご利用をお控え下さい。
+
A体調・体質の個人差があり、一概には決められません。加齢とともに骨密度は低下します。継続的に摂取していただくことをおすすめします。本製品は治療薬ではありませんので、痛み等が治癒することはありません。
骨コラム まずは骨に関する知識をつけて骨折リスクを回避し、骨を育てましょう。
もっとみる

MENU